ドラマの舞台の味をそのままラーメンに!

こんにちは、マルニ食品です。

今回は連続テレビ小説「おかえりモネ」に関係した商品を

再びご紹介させていただきます!

2021年4月20日発売

・気仙沼かつお醤油ラーメン

・仙台辛味噌ラーメン

です。

ドラマの舞台となる気仙沼市、登米市の特産品をラーメンにしました!

気仙沼市の気仙沼港は宮城県北東部の太平洋岸に位置し、四季を通して

静穏なため各地へ赴く漁船の一大基地となっています。

その気仙沼の代名詞といえるのがフカヒレと生鮮カツオ。

とくに生鮮カツオは水揚げ日本一となっています!

そんな気仙沼の美味しいカツオのアラから魚醤をつくり、

魚の旨みがしっかり溶け込んだスープとして仕上げたのが

気仙沼かつお醤油ラーメンです!!

ちなみにこちらのスープを作ってくださったのは

地元宮城のホテル ホテル観洋グループの総料理長さん。

丹精込めてつくっていただきました。

うってかわって登米市は国際的にも有名な渡り鳥の飛来地「伊豆沼・内沼」、

東北最大の流域面積を誇る「北上川」など豊かな水環境に恵まれた肥沃な

登米耕土が形成されています。

そこで育てられた特別栽培の大豆を使用した原材料にこだわった味噌・醤油を

つくっている登米市のヤマカノ醸造株式会社会社さん。

仙台辛味噌ラーメンはそのヤマカノ醸造さんの味噌を使用させていただいています。

そのため深いコクとまろやかな旨味に唐辛子のパンチがきいたスープになっております!

両商品ともロングライフのしっとりとしたコシのある中太麵と絡み、

絶妙なハーモニーを奏でるおすすめの商品です!!

POPに使われている写真は、2019年4月に完成したばかりの気仙沼大島大橋と
 

登米市の観光名所・登米の教育資料館です。

気仙沼大島大橋はこれまで船でしか渡ることのできなかった本土と

「緑の真珠」と呼ばれる東北最大の離島「気仙沼大島」とを結ぶ橋です。

橋のおかげで車でも快適に通ることができるようになりました。

真っ白な橋がきれいな海にとても映えていますね!

登米市民なら小学校で必ず見学に行く教育資料館は

明治21年(1888)、二年半の歳月をかけて落成した旧登米高等尋常小学校です。

現在感染症流行のため休館中ですが、中を見学することも可能です。

明治の小学校の授業体験やハイカラさん着付け体験なども行われて

いますので、流行が収まった際にはご来館ください。

教育資料館のある明治村のホームページはこちらから。

ドラマの舞台の地の味をそのままラーメンにした2商品は

4/20からマルニオンラインショップでも購入可能です!

是非お試しください!

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK