東北風土マラソン&フェスティバル参加報告

3月24日(土)、25日(日)の2日間で「東北風土マラソン&フェスティバル」が開催されました。

コース上のエイドスペースではランナーの皆さんへの「はっと(定番の油麩入り)」の無料提供。

公園内のフェスティバル会場では「セリ鍋はっと」を600円でご提供しておりました。

どちらもとても好評でした。

会場までの道すがら、点々とあるシャトルバスの発着場の多さと、行った来たりする大型バスとマクロバスの多さに、改めて規模の大きさを認識させて頂きました。

ものすごい人の多さだと知ってはおりましたが、会場についてみると「すごい」の一言しかございません。

こちらは会場前のスペースですので人はまばらですが、テントまで持ち込んで参加されているにのも驚きです。

仮装にもかなり気合が入っています。

そのイベント会場のステージ前の一角。

角のスペースにマルニ食品の「セリ鍋はっと」の販売ブースがありました。

準備万端でご来場の皆様をおまちしておりました。

「セリ鍋はっと」記念すべき日曜日1杯目。

素敵な女性がいらっしゃり、御注文頂きました。お買い求めありがとうございます。

元気良過ぎて、セリが踊り出してますが、御容赦下さいませ。

登米市産のセリで、香り最高のシャッキシャキのセリです。

セリのシーズンがもう少しで終ってしまうので、とっても基調なセリです。

ちまたでは、仙台発祥の「セリ鍋」が人気を博しておりますが、それを同じ宮城登米市の郷土料理「はっと」を組み合わせた「セリ鍋はっと」はマルニが初なのではないでしょうか?

毎年、中心になって担当しているスタッフが「どうしてもグランプリを取りたい」と発案したメニューです。

はっとを茹で上げ、別鍋でのスープを注ぎ、鶏肉団子を入れて、新鮮なセリをはなします。

スープには鶏肉団子からの美味しいだしがとけだして、おいしさを倍増。

試作の段階からすごいこだわりようでした。

文句なしの美味しさに、太鼓判押しての参戦だったのですが……これが……まさかというか、あんなすごい結果になるとは……。

結果報告は後ほどという事で。

毎年参加しておりますので、昨年の状況から推測して準備しておりましたが、予想をはるかに超える人気ぶりで、補充に走ることになりました。

600杯の予想が1000杯近く……と、すごい人気ぶり。

行列が凄かったです。

本当はエイドの方の写真撮影にも行きたかったのですが、販売ブースが間に合わなくなってしまったので、私も補充係として参戦。

お水の補給が2往復。はっとの補充が1往復。(筋肉付きました。)

サンプラザ中野さんのランナーを聞きながら「セリ鍋はっと」のご提供。

サンプラザ中野さんの歌声に負けじと「テンポよく盛り付けて」てこなしておりました。

その結果……、凄いことが。

マルニ食品はうめがった大賞で「グランプリ」とれました。

つまり「一番」です。みんなでガッツポーズしました。

インタビュー受けているのが、セリ鍋はっとの発案者です。

物腰の柔らかいベテラン営業マンです。

イベント提供用「はっと」を作ることにかけては、彼の右に出るものはいません。

大量に作ると味がぶれてしまうことが多いのですが、同じ味になるように心がけました。

常に同じ味と同じ食感を心がけてご提供した結果、マルニ食品は「グランプリ」をいただけました。

投票してくださった皆様、本当にありがとうございます。

心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

こちらは完走された皆様へのプレゼントです。

マルニのはっとも入ってます。

完走者様へのプレゼント受け渡しもお疲れ様でした。

一足先にエイドスペースのはっと提供を終えたスタッフが合流。

お疲れ様でした。

テレビに、ちょっとだけ映ったようです。

仮装もグランプリがきまり、その姿に驚きながらのお客様対応。

本当にこの姿で走っていらっしゃいました。

クオリティ高すぎ。

 

とってもたのしい「東北風土マラソン&フェスティバル」でした。

来年の風土マラソンはどんな状況になるか、今から楽しみです。

来年も「うめがった大賞」取りたいです!!

 

まだいらっしゃったことのない皆様。

来年は是非、いらしてみてください。

 

お待ちしております。

 

マルニ食品 株式会社

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly