明治神宮奉納くわの葉茶パウダーを使用しています。(半生手延べ麺青葉の恋)

クリスマスも終ってしまいましたね。

皆様はクリスマスパーティーされましたか?

我が家もマルニのお得意様から購入させて頂いたケーキを頂きました。

美味しかったです。

毎年いろんなケーキのお誘いが来て、目移りしちゃって大変です。迷った末に決めかねて2つも頂きました。(もちろんホールで)我が家仏教ですが。(笑)

クリスマスも終って、今年も後数日。早いものです。

本日は「青葉の恋」についてのお知らせです。

青葉の恋についてすばらしいお知らせがございます。

青葉の恋には気仙沼産のくわの葉が練りこんであります。

くわの葉のお茶も付いております。

エイトクさんが自社農園で大切に大切に育てた桑の葉でできたお茶です。

パウダーなのでとっても細かい!!溶けやすい!!飲みやすい!!身体にもいい!!

そんなエイトクさんの「くわの葉茶」を手延べ麺に練り込み、さらにはお茶として商品にトッピングしている「青葉の恋」は文左ブランドの人気商品です。

その「青葉の恋」になくてはならない、エイトクさんの「くわの葉茶」が「明治神宮全国特産物奉献行事献上」されました。

3年連続です。

あの明治神宮に3年連続奉納。すごいですよね。

愛情をもって、丁寧に育て、くわの葉のパワーをあます事無くパウダー化したくはの葉のお茶。

奉納されるのも納得です。

10月に仙台駅で行われたステンドグラス前の販売イベントでもエイトクさんとはご一緒させていただいたのですが、笑顔がとっても素敵でなんですよ。

思わず買いたくなってしまうほどの素敵な笑顔。

エイトクさんのホームページはこちら

ホームページでの素敵な笑顔のそのまんまでいらっしゃいます。

笑顔っていいですよね。

本当はもっと早くご紹介すべきだったのでございますが、ご案内がまた遅くなってしまって。

本当に申し訳ございません。

そのエイトクさんのくわの葉茶パウダーを使っている文左の「青葉の恋」は、くわの葉茶以外の素材にもとことんこだわっています。

主原料の小麦は宮城県産小麦「あおばの恋」…主に登米市で生産されている宮城県の奨励品種です。

手延べ麺には欠かせない塩は塩釜産の「藻塩」を使用。

そして、美しいストライプを生み出すのは気仙沼産のエイトクさんが心を込めて作っている「くわの葉茶パウダー」。

添付のつゆは、何年も試行錯誤を繰り返し、作った文左オリジナルの特選麺つゆです。

エイトクさんの「くわの葉茶パウダー」も別添されています。

この機械にぜひご賞味ください。

オンラインショップにつながります。

御注文お待ちしております。

マルニ食品 開発部 千葉

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly